LINE査定

お問い合わせ

食道楽の店主ブログ

2017.04.12  弟ブログ

食べることがとにかく好きで、お気に入りのお店を紹介していきます。

最初は「蕎麦」。東京の美術店に修行に行くとほとんどの人が「蕎麦」を好むようになります。

私も修行先では銀座の「泰明庵」にお世話になりました。裏路地にあるB級グルメ的なお店で、お昼はもちろん、夜もにぎやかでした。東京の蕎麦屋はおつまみが充実していてお酒を飲むのには最適です。落ち着ける雰囲気で値段も手ごろ、秀逸な店です。何を食べても美味しいのですが私のお薦めは「鴨南蛮」で焼いたネギが食欲をそそります。

そして東山の宝鑑美術の近くにもちょっといい蕎麦屋があります。お店の名前は「ふー助」。店主は関市のこれまた私の好きな店「助六」で修業されていた方で蕎麦も似た感じがあります。

「ふー助」の外観

その「ふー助」で先日注文したのは「梅おろしそば」。冷たい出汁の中に鬼おろしですった大根が蕎麦を覆い尽くすぐらいのっています。最初はそのままおろしそばを一口。柚子の香りが楽しみ、そしてたたき梅を少しずつ箸で溶いていきます。冷たい品のいい出汁とザクザクの大根おろし、そこに梅の酸味が加わって箸がすすみます。汁まで飲み干してごちそうさま。

 

 

「ふー助」

 

 

 

 

メニュー