LINE査定

お問い合わせ

心に残る宝物

2017.03.30  陶器

毎月コレクションをお譲りいただいているお客さまのお宅に行ってまいりました。

ご夫妻で焼き物がお好きで、これまで百貨店の個展でお求めになったり、あるいはお気に入りの作家を直接訪ねたりしながら集められてきたコレクションはかなりの数となります。

「終活のための整理なんですよ~」。と奥さまが笑いながらお話をされますが御夫妻が高齢になられた現在、以前のように箱から作品を取り出して楽しむことが困難になってきたことに加えお子様方もコレクションを引き継ぐ事を望んでおられない事などから昨年より毎月少しづつコレクションをお譲りいただいでおります。買取りにあたっては私共で一点一点箱から出して査定をするのですがその際にお聞かせいただく作品にまつわるお話がとても楽しくお上手で聞くたびにまるでその場に居合わせてるかのような錯覚に陥るほどです。

査定に時間はかかりますがおだやかで楽しいひとときでもあります。

このようにして査定・買取りをさせていただき作品は最終的にお客様の手を離れてしまいますが作品にまつわる思い出や体験の一つ一つがお客さまのかけがえのない宝物なのだなと実感じます。

今回、作品を車に積め終えた後に

「毎回少しづつ心が軽くなっていく気がします」。

と奥さまがおっしゃられたのがとても印象的でした。

 

メニュー