LINE査定

お問い合わせ

相談室としてお気軽に活用してください。

2017.03.03  NEWS

宝鑑美術は日本の文化を後世により良いかたちで受け継いでいくために私たち兄弟で開いた店です。

考え方としては、美術品を持っているけれど手に余している方から、持っていないけれど手にれたい飾りたいという方に受け渡す橋渡しの役割です。

その際に適正な評価をして買い取り、売り渡しをしているのが私たちの仕事です。

また、保存の仕方がわからない方にも気軽に相談に来ていただきたいです。

この仕事をしていて一番杞憂するのは扱いや保管が悪くて作品の価値をダメにしてしまうことです。

美術品の評価はときの情勢で変化しますが、作品が変わるわけではありません。

ただ、状態の悪い美術品は価値が著しく下がってしまいます。

ちょっと押しつけがましくなりますが、品物を持ち込まれたお客さまにはできるだけその品物がいつの時代でどういうものなのかを説明いさせていただいております。

何も知らずに手放してしまって後で後悔することのないように納得していただきたいためです。もちろん査定評価もふくめてです。

価値がわからないので知りたいという方でも構いません。

美術品、骨董品の相談室として皆さまに気軽にお使いいただけるように努めてまいります。

 

宝鑑美術 店主

 

メニュー